アコギ初心者が最初に覚えるべきコードはこれ!綺麗に鳴らすコツも徹底解説!

アコースティックギター
スポンサーリンク



アコギの練習、捗っていますか?

中には「アコギは買ってみたものの、何から始めればいいの…?」

お困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

安心してください!私もその仲間でした。

そんな完全初心者時代を一刻も早く抜け出して、楽しいアコギライフを送るために

今回は、初心者の方が最初に覚えるべきコード3つについて解説していきます!

弾き語りの取っ掛かりとして、まずはこの3つのコードをマスターしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそもコードとは?

コード(chord) : 「和音」のこと

ピアノや、鍵盤ハーモニカでもいいです。

3つ以上の音を同時に弾いてみてください。

簡潔に言えば、それがもうコードです!(一概には言えない)

よく「ド・ミ・ソ♪」という音(言葉?)を耳にすると思いますが

あれも実はコードだったんですね。

アコギでは、この3つ以上の音を左手で押さえて、コードを作っていきます。

難しそう?大丈夫!

これから紹介する3つのコードは、指を3本しか使わずに押さえることができる簡単なもの。

初心者の方が抱きやすい疑問点も踏まえて解説していきますので、

ぜひあきらめずにチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

アコギ初心者が最初に覚えるべきコードは3つ!

※凡例

  • 赤:人差し指
  • 青:中指
  • 緑:薬指
  • 黄:小指
  • 黒:親指

C(シー)コード

まずは基本中の基本コード、Cです。

図の一番下の線が、ギターの6弦(一番太い弦)と思ってください。

あなたがギターを構えた時に、一番近い弦ですね。

Cコードは、左手でネックを握る(グーにする)イメージを持つと、押さえやすいと思います。

また、図の左側にある印は、それぞれ以下のような意味を持ちます。

〇印:その弦をどこも押さえずに弾く(⇒開放弦といいます)

×印:その弦に軽く触れて鳴らなくする(⇒ミュートといいます)

グーのように握ることで親指が指板側へちゃんと出てくるので、

6弦に軽く触れて音を鳴らさないようにすることができます。

最初は開放弦に指が触れて、思うように弦が鳴ってくれないと思います。

コツは指を立てること!焦らずゆっくり練習してみてください。

D(ディー)コード

2つめのコードは、Dです。

こちらも、人差し指・中指・薬指の3本なので、比較的押さえやすいのではないでしょうか。

Cコードと同じく、ネックを握るようにすることを意識して、×印のところをうまくミュートしてくださいね。

5弦のミュートは、はじめは難しいと思いますので、ひとまずは6弦をしっかりミュートすることを意識!

慣れて来たら親指をグッと伸ばして、5弦までミュートできるよう練習してみてください。

もう一つの注意としては、薬指をしっかりと立てること

他の2本の指に比べて、薬指だけ若干押さえる部分が遠めに感じることかと思います。

なんか綺麗に響かないな…

そんな風に感じたら、きっと薬指が1弦に邪魔(ミュート)をしてしまっています

ぜひこの点を意識してみてください。

G(ジー)コード

初心者が覚えるべき3つ目のコードは、Gです。

今までの2つと違って、小指を使うコードとなっていますので、少々苦戦することと思います。

大切なのは、薬指と小指の間のストレッチですね。

日頃から、指を大きく広げたり開いたりすることで、段々押さえるのも楽になってきます!

また、Gコードは6弦をミュートすることはないので、ネックを握る形はそこまで意識しなくて大丈夫です。

手首を返して、指板全体を指で覆うような形を意識するといいと思います。

人差し指・中指・薬指で押さえちゃダメなの?

全然ダメということはありません。

ただ、今後あなたはコードひとつだけを弾くのではなくたくさんのコードに移り変わりながら(コードチェンジ)楽曲として弾いていくことと思います。

そうした場合、上記で紹介した押さえ方の方が、別のコードに移行しやすいというメリットがあるのです。

小指のストレッチにもなりますので、おすすめですよ!

スポンサーリンク

まとめ

初心者の方が、最初に覚えるべきコード3つを紹介してきました。

一朝一夕で弾けるようになるものではないですが、繰り返し練習していれば、

気づいた時には弾けるようになっているものです。

ぜひあきらめずに、でもまったりと 練習に励んでみてくださいね!

<まとめ>

・初心者が覚えるべきコードは、C・D・G

・コードを押さえるときは、指をしっかり立てること!

・普段から指の間のストレッチを行うこと!

質問・疑問点があれば、いつでもコメントください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

  1. […] ⇒アコギ初心者が最初に練習すべき3コードとは? […]

  2. […] 初心者が覚えるべき3コード!まずはこれから […]

タイトルとURLをコピーしました