アコギ初心者の難関!Fコードの乗り越え方を徹底解説!

アコースティックギター
スポンサーリンク



コードの練習は思うように進んでいますか?

C、D、G…と順調に進んできても、きっと一度はつまずくコードがあると思います。

それが、何を隠そうFコードです。

私もFコードの押さえ方を見たとき、「こんなのどうやって押さえるんだ!?」と

挫折間際まで追い詰められたのを覚えています。笑

今回は、そんなFコードの被害者を少しでも少なくするべく

Fコードを乗り越えるためコツや、よくある失敗例とその対策方法についても徹底解説してきます!

スポンサーリンク

Fコードの難しさ

なぜギターを始めたての方々は、揃いも揃ってFコードで挫折するのでしょうか?

その難しさの大半は、セーハにあります。

セーハとは、人差し指を使って1~6弦をすべて押さえるというもの。まさしく全部の弦の制覇ですね。

実際に押さえて弾いてみるとわかりますが、これがなかなかどうして全部の弦が鳴ってくれません。

ex : 3弦がうまく鳴らない…

⇒3弦に意識を集中すると、今度は1弦が鳴らない!

こういった負のスパイラルによって、Fコードで挫折する初心者の方が多いということですね。

スポンサーリンク

Fコードを綺麗に鳴らすコツ!

Fコードの押さえ方は、上記画像のとおりです。

〇凡例
赤:人差し指
青:中指
緑:薬指
桃:小指

セーハで全部の弦が鳴らない理由の一つとして、人差し指の関節がちょうど弦の上になってしまう、という問題があります。

関節部分は少しくぼんでいるため弦をしっかり押さえられず、結果として音が鳴らない、ということになってしまうのです。

 

コツとしては、以下の二点です。

①人差し指を少し寝かせてセーハする
⇒人差し指の側面は関節部分の凹みが少ないため、比較的全部の弦が鳴りやすい

②人差し指を上下にずらして、関節が弦の真上に来ないようにする

⇒そもそも人差し指の位置を変更することで、関節の問題を除去

 

①の方の欠点として、指を寝かせて押さえるため、力が入りづらいという点があります。

せっかく関節の位置を外して押さえているのに、力が入らず音が鳴らない…という問題もよく聞きます。

そんなときは、まず人差し指だけで押さえて、力の入れ具合を覚えるといいと思います。

また、コードチェンジの練習を進めていくと、ある程度自分のセーハのやり方(弦に触れる位置)が決まってくると思います。

その決まった位置でうまく鳴らないときには、②の方法が効果的です。

人差し指の位置を微調整してあげるだけで、見違えるほど綺麗に鳴ると思います。実際に私もこのタイプでした。

スポンサーリンク

Fコードのよくある失敗例と対策

押さえ方が難しいだけに、間違って覚える方も少なくないのがFコード。

よくある失敗例と、それを改善するための方法を解説していきます。

 

失敗例1:C・Dコードにつられて、ついネックを握ってしまう

これはあるあるです。

CコードやDコードは、6弦(5弦)をミュートするために

ネックを握るような形で押さえてましたよね。

それにつられてFコードの時も、親指が6弦側から出てきちゃう!

という問題をよく聞きます。

コードチェンジの練習をしている人ほど陥りやすい罠かと思います。

Fコードでは、親指と人差し指でネックを挟み込むという意識を強く持ちましょう。

 

失敗例2:人差し指を強く押さえすぎてしまう

セーハがうまく鳴らないと、どうしても人差し指に力を込めてしまいがちです。

「人差し指でしっかり押さえられていないから鳴らないんじゃないの?」

そう思われるかもしれませんが、実は逆効果です。

人差し指に力を込めることで、指の間や関節が非常に硬くなりますね。

そうすると、もしセーハがうまく鳴ったとしても、その他の指で問題が出てきてしまうのです。

セーハだけできてもFコードにはなりません

正しくセーハができていれば、それほど力を込めなくても綺麗に鳴る、ということを覚えて練習しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Fコードは非常に難関ですが、できるようになれば弾ける曲がグンと増えます

日々の指のストレッチも大切にしながら、焦らず確実に習得していってくださいね。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

コメント

  1. […] Fコードはたった一つ意識するだけで出来るようになる! […]

タイトルとURLをコピーしました