アコギはアパートでも練習できる!たった100円で騒音知らずに!

アコースティックギター
スポンサーリンク



アコギを練習したい・もしくは始めたい…

でもアパートだから大きな音を出せば迷惑になってしまう。

そんな悩みを抱えている方、意外と多いのではないでしょうか。

せっかく高いお金を出して買ったアコギですもの、時間関係なく練習していたいですよね。

私も買ったばかりの時は、一日中握りしめていたのでよくわかります。笑

 

今回は、そんな騒音による問題を気にせずアコギを練習することができるグッズについて解説していきます。

ただし、注意点がありますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

アコギの騒音問題を解決するためには?

私はアコギを買ったばかりの頃はとにかく練習したくて、

朝起きたら通学前に弾き、帰ってきたらバイト前にちょっと弾き

寝る前にベッドでちょっと弾き…

一日中、ひたすら触れていたのを覚えています。

しかし、そうするとやはり問題となるのは騒音問題です。

 

アコギはエレキと違って、アンプに繋がなくても本体がしっかりと響きますので

ピックを使ってかき鳴らせば、それだけで相当の音量が出ます。

私はアパート暮らしだったこともあり、夜に弾いた時にはもう

上の階の人から床ドンをされていましたね。笑

(トラブルにならないでよかった!笑)

でも練習はしたい。一刻も早く上手くなりたい

 

どうしたらいいんだ……

 

この問題は、多くのアコギ弾きの人が抱えているようで

調べていたら、私はすぐにあるものを発見しました。

 

そう、サイレントギターです。

アコギと違ってボディで響きがないため、騒音で問題にならない!

しかも、アンプに繋いで弾けばちゃんとアコギの音が得られる

これこそ、まさに求めていたものだ!

……

よく考えて、私は思いました。

 

高い金をかけてアコギを買ったのに、また数万出してサイレントギターを買うのか…?

そもそも、繋ぐアンプ持ってないよな…?

 

現実は甘くありませんでした。

サイレントギターはなかなかよくできているものが多く、

大体3~5万円くらいはすると思って間違いないでしょう。

私は最初のアコギを5万円で購入していたので、さらにサイレントギターを買う余裕はありませんでした。

何も知らなかった私はそこで途方に暮れていました…が、安心してください。

実はたった100円で、簡単に騒音問題を解決できるグッズがあるのです。

 

 

その名も、サイレントピック

 

驚異の弱音効果!サイレントピック SP-3×1枚 SILENT PICK ピック型弱音器 SP3【RCP】
created by Rinker

 

こちらのピックはふつうのピックとは違い、非常に柔らかい素材で出来ています。

それはもう、弦に当たるだけで大きくしなるほどに。

そのしなりにより、音量を大幅に抑制してくれるのみならず、

しっかりピックとして、弦を鳴らす力も備えています

サイレントピックに出会ってからは、夜間でも気にせず練習をすることが可能になりましたよ。

スポンサーリンク

使いすぎ厳禁?便利だけど扱いに注意

サイレントピックは、消音性が高く非常に便利ですが、その反面

気を付けなければならない点がいくつかあります。

実際の経験談も含めて、説明していきます。

①ピックの扱いが甘いと、指が弦に当たり突然爆音が鳴る

非常に柔らかいピックですので、本来のピックなら硬くて鳴らない

真ん中あたりで弾いても、普通に鳴ってしまうのです。

それに気づかず弾き続け、最終的に指が弦に触れてしまうと

消音なんて関係なしの爆音が、いきなり鳴ることになります。

私もよくやって床ドンを食らいました。

サイレントピックのどこで弾いているかしっかり先の方で弾けているか

たまに確認してみるといいですね。

②上達の妨げになる可能性

本来ピックは、正しい持ち方正しい位置で弾かないと

なかなか綺麗な音が鳴らないようになっています。

ですが、柔らかいピックは、綺麗な音が鳴る範囲が比較的広いのです。

しなりが効くからですね。

これに慣れてしまうと、間違ったピックの扱いで覚えてしまう可能性がありますから

ちょっと硬いピックを使うと、全然綺麗に鳴らない!ということになってしまいます。

昼間は普通のピック夜間だけサイレントピック といった風に

しっかり使い分けをしてあげるといいと思いますよ。

 

ピック紹介記事でも解説しましたが、アコギ初心者の方に

硬めのピックをおすすめするのには、こういった理由があるのです。

アコギピックの選び方解説!おすすめの種類・硬さはこれで間違いなし!
アコギで弾き語るとなると、必ずといっていいほど必要になってくるのがピック。 楽器屋さんに行くと、これまたた...
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

サイレントギターを買うのはちょっと厳しい!という方は、

100円ちょっとのサイレントピックがあれば騒音を気にせず練習ができる、ということが

わかっていただけたかと思います。

ですが、実際のライブでは普通のピックを使うわけですから、

しっかりそちらの扱いにも慣れておくようにしましょうね。

やっぱり大音量で弾いた方が気持ちいいですよ。笑

上手く使い分けて、快適にアコギ練習に取り組んでください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました