ドラム初心者必見!超万能ダンスビートについて徹底解説!

音楽
スポンサーリンク

皆さんは、ドラムと聞くとどんな印象をお持ちですか?

絶対難しそう…俺には無理だ

手足ばらばらに動かすなんて人間の動きじゃない…

そんな声が聞こえてきそうですね笑

今回は、ドラム経験10年以上の私が、まず覚えるべきドラムのビート

ダンスビート」について、徹底解説していきたいと思います。

ドラムが難しいと思っている人も、ちょっと練習すればすぐできるようになる

簡単なのにとってもノリやすいビートですので、ぜひ覚えてみてください!

 

スポンサーリンク

ダンスビートってどんなビート?

解説に入る前に、まずダンスビートとはどんなものかを紹介します。

完成系を知っておくことで、目標も明確になりますからね!

 

上記参考動画の、33秒あたりから始まる「ド・ツー・タ・ツー」というリズムが

一般的にダンスピートと呼ばれるものになります。

思わず体を揺らしたくなるような、ノリノリなビートではないでしょうか?

 

楽譜で書くとこんな感じです。

流行りの音楽でもこのビートは大変有名かつ万能で、

非常に多くのアーティストさんが用いています!

 

↓↓ back number 「青い春」 ↓↓

イントロからそれらしいリズム。

サビからはしっかりダンスビートが使われていますね!

 

↓↓ KANA-BOON 「ないものねだり」 ↓↓

KANA-BOONは、ダンスビートを多用していますね。

この有名な「ないものねだり」も、知らず知らずのうちにノっていませんでしたか?

 

 

上記の楽曲はほんの一例ですが、ダンスビートの便利さ・ノりの良さ

きっとわかっていただけたことと思います。

紹介した曲ではその他のかっこいいリズムも入っていますが、今回は先ほども言った

ド・ツー・タ・ツー」というリズムができるように練習していきましょう!

スポンサーリンク

ダンスビートへの道のり①:足編

それでは、ダンスビートについて一つ一つ解説していきます。

始めは「足」の動きについてですね。

 

ドラムは、右足・左足が別々に動くことが多いため難しいのですが、

このダンスビートはなんと両足同じ動きなのです!

 

楽譜でいうとこのような動き。

右足(バスドラムといいます)が下の方の音符

左足(ハイハットといいます)が上の方の音符 となっています。

ハイハットは本来叩くことで「ツ・ツ」という音が鳴りますが、踏み込むことでも同じような音が鳴るのです!

上記画像がハイハット。

重なった2枚のシンバルは開くことができ、踏み込むことで閉じます

これを踏まえて楽譜を見てみると、両方の音符が同じ位置にあることがわかりますね。

つまりダンスビートの時の足の動きは、両足同時に上げ下げするだけ

足の動きは難しく考えず、メトロノームの音に合わせて両足を踏み込んでくださいね。

 

スポンサーリンク

ダンスビートへの道のり②:手編

次は「手」の動きを見ていきましょう。

右手と左手は違う動きになりますが、ぜひ気楽に取り組んでみてくださいね。

 

 

動きを一言で簡単に説明すると、以下の通り。

右手(ハイハット):足を踏み込んでいない(上げている)ときに叩く
左手(スネアドラム):足を偶数回踏み込んだときに叩く

 

難しく感じますか?大丈夫!

特別なことは何もしていませんので、ひとつひとつこなしていきましょう。

 

右手(ハイハット)ですが、ダンスビート特有のリズム

ド・ツー・タ・ツー」の「ツー」の部分にあたります。

ちなみに、足による音は「(タ)」の部分ですね。

 

この文面でもわかる通り、足と右手は同時に鳴りません

足⇒右手⇒足⇒右手 という順番になりますので、まずこの形を覚えましょう!

ちなみに、左手を入れないと「ド・ツー・ド・ツー」という音になるかと思います。

リズムを一つの音として、耳で覚えるのもおすすめですよ。

 

左手(スネアドラム)ですが、「ド・ツー・タ・ツー」の「」の部分にあたります。

足は、基本的に「1、2、3、4」のリズムで踏み込んでいると思いますので、

左手は、偶数「2、4」のときだけ叩きましょう!

ちなみに、右手と左手も同時に叩くことはありませんので、

そのことも頭の片隅に入れておくといいかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

これまで解説してきたことを復習しましょう!

・基本の音は「ド・ツー・タ・ツー
足(バスドラム)右手(ハイハット)が一緒になることはない
右手(ハイハット)左手(スネアドラム)が一緒になることはない
足⇒右手⇒足&左手⇒右手 の順で叩けば完成!

 

いかがでしょうか。

ドラムは「両手両足ばらばらに動く」というイメージがあり

それによって難しいと感じることが多いと思いますが、

ダンスビートの擬音「ド・ツー・タ・ツー」といったように

一つの音として考えると、少しは取り組みやすいかもしれませんね!

最初はゆっくりのテンポからで大丈夫です。

ぜひ焦らずに挑戦してみてください!

 

ここまでご覧くださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
音楽
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました