「じゃんけんポイポイ」には続きがあった!地域による違いが面白い!

未分類
スポンサーリンク



じゃんけんポイポイどっち出すの こっち出すの!

小さい頃、一度はこのような手遊びをしたことがあるかと思います。

 

ほとんどの方が「こっち出すの!」で、じゃんけんと同じように

勝敗を決まり、そこで遊び終わっていたのではないでしょうか?

 

実はこの「じゃんけんポイポイ」、これで終わりではなく続きがあったのです。

今回は、そんなじゃんけんポイポイ」の本当の遊び方を紹介していきます!

 

また、この遊びは各地域で微妙に掛け声やルールが違っていたりと、

地域ごとの面白さがあることを発見したので、合わせてそちらも解説していきますね!

 

「じゃんけんポイポイ」だと思っていた遊び、他の地域では呼び方が全然違うかも?

スポンサーリンク

じゃんけんポイポイの正式名称は「ビームフラッシュ」

皆さんが「じゃんけんポイポイ」だと思っていた遊び、正式名称は

何と「ビームフラッシュ」という名前だったのですね。

 

このビームフラッシュという言葉がどこから来たかというと、あの有名なアニメ

ウルトラマン」シリーズの必殺技からです。

 

じゃんけんから派生したといわれるこの手遊び。

おそらくウルトラマンが流行った1960年代後半に考案されたのでしょうね。

子供たちにとって、ヒーローの必殺技というのは本当にかっこいいもので、

遊びに取り入れたくなるのも納得です。笑

 

スポンサーリンク

「じゃんけんポイポイ」は2部構成の遊びだった

「じゃんけんポイポイ」でじゃんけんの勝敗を決めて終わり、という方

多くいらっしゃるかと思います。

実はビームフラッシュは「じゃんけん部」と「ポーズ部」の2部構成で出来たゲームなのです!

それでは、各部の遊び方を紹介していきます。

「じゃんけん部」の遊び方

①「じゃんけんポイポイ どっち出すの」の「ポイ」の掛け声と一緒に

両手でじゃんけんの手を出して構える

②「こっち出すの」の掛け声でどちらかの手を出し、勝敗を決める

勝った方が親負けた方が子となる

③親が「あんた馬鹿ね」の掛け声をかけ、じゃんけん部終了。

※あいこだった場合には「あいこでポイポイ」の掛け声で、同じ要領で繰り返す。

 

「ポーズ部」の遊び方

④「ビームフラッシュ!」の掛け声とともに二人でポーズをとる。

二人が同じポーズをとれば「親の勝ち

子が親と違うポーズをとれば「子の勝ち」となる。

 

ポーズ部のジェスチャーの種類(この限りではない)

1.ウルトラマンの「スペシウム光線

⇒右肩の前あたりで、右腕を縦、左腕を横にして十字に交差させる。

 

2.ウルトラセブンの「エメリウム光線

⇒両手を閉じた「チョキ」の形にし、敬礼の要領で眉間に持っていく。

 

3.ウルトラセブンの「ワイドショット

⇒右腕は縦、左腕を横向きにする。右腕の肘に、横向きにした左手を添える形。

 

スポンサーリンク

各地域でご当地「じゃんけんポイポイ」がある

ビームフラッシュのじゃんけん部の掛け声「じゃんけんポイポイ」の部分は

実は各地域で微妙に違うことがわかっています。

県外の人とやるときは「なんだその掛け声!?」となることがあるかもしれませんね。

 

ビームフラッシュのバリエーション

じゃんけんホイホイどっち隠す こっち隠す (関西地方など)

じゃんけんポッポ どっちか変えて どっちかひっこめる (愛知県など)

じゃんけんポイポイどっち出すの こっち出すの (東京など)

じゃんけんしっしっ どっち出すの こっちだすの (沖縄)

あいけんちっちーどっち引くの こっち引くの (三重など)

じゃんけんホイホイ一個変えて 一個出して (長崎など)

スポンサーリンク

まとめ ~昔の手遊びは面白い~

いかがでしたでしょうか?

年を取るにつれて遊ぶ機会もなくなるこういった「手遊び」。

こんなルールがあったの!?」と驚くことも少なくありませんね。笑

 

ご当地による掛け声の違いも、非常に興味深いものだと思います。

あなたの地域ではどんな掛け声で遊んでいましたか?

ぜひこの機会に、近くの人と遊んでみてください!

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました