結婚指輪は夫婦で違うブランドでもいいの?ショップ店員の意外な回答とは

お役立ち

人生に一度の晴れの結婚。

夫婦の証である結婚指輪は、長く身に着けることもあり、色々とこだわりたいですよね。

 

値段・ブランド・形・色…

二人で悩みに悩んだ挙句、ペアだとどうしてもお互い納得できず

俺はこのブランドがいいな」「私はこのブランドにしたい!

と揉めてしまった経験がある方、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回はそんな疑問を解消するべく、実際に指輪専門店の店員さんに聞いた

夫婦で違うブランドの指輪を買うことはおかしい・間違っていることなのか?

実際に夫婦別々のブランドで指輪を買っている人たちはどれくらいいるのか?

上記2点について、店員さんの回答を参考に解説していこうと思います。

 

結婚指輪選びの参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

 結婚指輪を夫婦違うブランドで購入する人は増えている

まず前提として、結婚指輪を夫婦違うブランドで購入すること

全く持っておかしなことではありません

 

ほぼ生涯つけ続けるであろう結婚指輪を、「ペアだからしょうがないか」と

妥協して購入してしまう方が、もったいないことですよね。

 

二人でよく選んだうえで、心に決まったものがお互い違うブランドなら

自信をもってそれを購入しましょう。

 

 

ちなみに指輪ショップの店員さんによると、

違うブランドの結婚指輪を購入する夫婦は、近年増えているとのこと。

その割合は、2019年現在 約三割程度です。

 

時代が柔軟な考え方になってきているのかもしれませんね。

これからも、セットで指輪を買わない夫婦が増えていくことが予想されます。

 

スポンサーリンク

違うブランドの結婚指輪を買うときは「刻印」で統一感を

セットで指輪を買わない夫婦が増えているとはいっても、せっかくの結婚指輪。

あわよくば、「どこかに統一感を出せれば…」と思っている方もいるかと思います。

 

ご存じの方も多くいらっしゃるかと思いますが、結婚指輪の内側には刻印を入れることができます

 

ひらがな、アルファベット、数字 などなど…

合わせて15文字程度まで入りますので、この刻印で夫婦としての共通点を出す方が

多くいらっしゃるとのことです。

 

また、指輪のブランドにもよって刻印に使える記号が決められています。

夫の指輪にはハートマークが入れられるけれど、妻の指輪には入れられない…

という問題が発生することが考えられますので、記号を使う際には

ショップの店員さんによく確認して、一緒の刻印を入れられるようにしましょう。

 

よくある刻印の例
〇二人の記念日+名前のイニシャル
20XX . XX(月) . XX(日) . A&E
〇記念日+夫から妻へ(妻から夫へ)
20XX . NOV . A to E

 

スポンサーリンク

まとめ

夫婦で違うブランドの結婚指輪を買うことに悩んでいる方に向けて解説してきました。

 

繰り返すようですが、結婚指輪はほぼ一生ものです。

 

ペアになっているから、夫(妻)がいいなら仕方ないか…」と妥協することなく

自分の求めている結婚指輪は絶対にあるはずですので、店員さんに質問しながら

二人にとって最高の結婚指輪を見つけてくださいね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました