お雑煮を食べる意味を知っていますか?正しい知識で良い正月を過ごそう

お役立ち
スポンサーリンク



お正月に食べる、お餅入りの「お雑煮」。

新年に食べるものだ」という認識が強いと思いますが、なぜ新年に食べるのか?

答えられる方は多くないのではないでしょうか。

 

今回は、そんなお雑煮をお正月に食べると良い意味・理由を解説していきます。

正しい意味を知ったうえでお雑煮を食べて、より良いお正月を過ごしてくださいね。

 

スポンサーリンク

お正月にお雑煮を食べる意味は「心を入れ替える」ため

新年には、「また一年健康で幸せな暮らしになりますように」と

各家庭に「年神様(としがみさま)」という神様が舞い降りてくると言われています。

 

年末年始に玄関に門松しめ飾りを飾るのも、年神様が迷わず来られますように

という意味も込められているのですね。

 

お雑煮に入れるお餅は、そんな年神様へのお供え物であり、「年玉(年魂)」とも言われています。

 

その名前の通り、お餅(年魂)には年神様が宿るとされており

そんなお餅を食べて新しい命をいただき、また一年心を入れ替えて

健やかに過ごせますようにという意味が、お雑煮には込められているのです。

 

スポンサーリンク

お雑煮を正月に食べ始めたのは室町時代から

現代でもお正月に食べることで定着しているお雑煮ですが、

そんな習慣が始まったのは、室町時代頃からと言われています。

 

しかし、室町時代初期には「年神様が~」といった深い意味はなく

新年の酒宴、いわゆる飲み会で、まず胃を落ち着かせるためにお雑煮を食べたのが

始まりだと言われています。

 

きっと皆さんも、飲み会でお酒を飲む前には何か食べ物を入れると思います。

いきなりビールではすぐ酔いが回ってしまいますよね。笑

 

そうして新年の酒宴の初めにお雑煮が出されるうちに、いつの間にか

正月用の料理に転じ、現在のありがたい意味が込められたということです。

 

スポンサーリンク

まとめ

お正月にお雑煮を食べる意味について説明してきました。

 

これまで何となく「新年だから」という理由で食べていた方も、

新しい命をいただき、また心を入れ替えて一年を過ごすため

というありがたい意味を理解したうえでお雑煮をいただけば、

これまで以上に素敵な一年が過ごせるかもしれませんね。

 

ぜひ美味しいお雑煮で新年を迎えてくださいね!

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました