「おもむろに」の意味、勘違いしていませんか?漢字で書けばわかる!

間違えやすい日本語
スポンサーリンク



本などではよく目にするけれども、日常生活ではあまり使わない「おもむろに」。

何とその意味を間違って理解している人が日本に4割以上もいると言われています。

 

今回は、間違えやすい「おもむろに」という言葉の意味を解説していきます。

漢字での書き方や、類語・対語なども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「おもむろに」。あなたは正しい意味を理解できていますか?

 

スポンサーリンク

「おもむろに」の意味を間違えやすい理由

「おもむろに」という言葉は、ずばり「ゆっくり」という意味です。

しかし、多くの人はその意味を「いきなり・急に」と勘違いしてしまっています。

 

「おもむろに」を間違った意味で覚えてしまう理由は、文脈にあります。

次の例文を見てみてください。

 

「おもむろに」を使った例文
彼は、席を「おもむろに」立ちあがった。

 

この例文を見た時、正しい意味の「ゆっくり」でも、間違った意味の「いきなり」でも

どちらを当てはめても意味が通ってしまうことにお気づきでしょうか。

 

そういったややこしさがあるせいで、間違った意味のまま

みんなに広まってしまったということなんですね。

 

スポンサーリンク

「おもむろに」は漢字で「徐に」と書く

「おもむろに」は、漢字では「徐に」と書きます。

ご存じの通り、徐々に」という「ゆっくり」を意味する言葉と同じ漢字を使います。

 

「急に」という意味と間違えやすい「おもむろに」という言葉ですが

漢字で書くとその意味を間違えずに理解できると思います。

 

あれ?おもむろにってどっちの意味だっけ?」と困ったときには

ぜひ漢字で思い出してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

「おもむろに」と同じ意味をもつ言葉・逆の意味をもつ言葉

 

「ゆっくり」という意味をもつ「おもむろに」。

もちろん類語や対語も存在し、そのややこしさは人々を悩ませています。

 

同じ「ゆっくり」という意味をもつ言葉の例として「やおら

逆の「急に」という意味を持つ言葉の例としては「にわかに」というものがあります。

 

にわか雨」はゆっくり振り出す雨ではなく、急に降り出すいわゆる通り雨ですよね。

非常にややこしいですが、他の言葉でどんな風に使うかな?ということを考えると

おのずと正しい意味が分かってくるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

おもむろに」という言葉の意味について説明してきました。

 

間違えやすい理由が「どちらでも文脈が通ってしまうから」という

非常にややこしい言葉ですが、漢字で書けばその意味が分かりやすいということが

お分かりいただけたかと思います。

 

説明した通り、類語・対語も存在し、同じように意味を混同しやすくなっています。

ぜひ今回の説明を参考にしていただき、耳にしたときには正しい意味で理解できるように

今のうちに覚えておくようにしましょう!

 

他にも間違えやすい日本語はあります。

こちらの言葉の意味もぜひ覚えてみてください!

「いぎたない」ってどういう意味?正しい使い方をした例文も紹介!
間違えやすい日本語「いぎたない」。 あなたは正しい意味で使えていますでしょうか? 今回は、「いぎたな...

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました