データSIMと音声SIMは違いあり!スマホ用途によって使い分けよう

スマートフォン
スポンサーリンク



月々にかかるスマホ料金を抑えられるとして、注目を集めている「格安SIM」。

契約する際、その料金プランには「データSIM」と「音声SIM」があることにお気づきでしょうか?

結論から申し上げますと、この2つのプランは内容も違えば金額も違います

 

今回は、そんな「データSIM」と「音声SIM」の違いについて詳しく解説していきます!

それぞれのSIMはどのように使えるのか月々の費用の相場はいくらくらいなのか

お役立ち情報満載でご説明いたしますので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

 

 データSIMと音声SIMの違いは『通話機能の有無』

それぞれのプラン名からも想像がつくと思いますが、データSIMと音声SIMの違いは

音声通話機能が付いているかどうか、ということです。

 

データSIMは、その名の通りデータ通信専用(通話機能なし)

音声SIMは、データSIMの内容+音声通話機能 といったプランとなっております。

 

この通話機能の有無により、音声SIMの方がデータSIMよりもいくらか月額が高いということですね。

 

tips
データSIM、音声SIMの他に、「SMS付データSIM」というものもある。
このプランは、通話ができない電話番号が割り振られているため、
通話はできないがSMSを使うことは出来る

 

スポンサーリンク

データSIMは「スマホ料金とにかく節約派」に

データSIMは、音声通話機能が含まれていない分、月額は非常に安いです。

その金額は1,000円以下もよく目にします。

 

そういった点から、データSIMは「月々のスマホ料金をとにかく抑えたい人」に

おすすめのプランと言えるでしょう。

 

タブレット用のSIMとして使いたいときや、通話用のケータイは別で持っている方は

そこまで不自由なく使うことができるはずですよ。

 

●データSIM 月額相場 : 900円(3GB)

 

スポンサーリンク

音声SIMは「メイン端末として使いたい欲張り派」に

説明してきた通り、音声SIMにはデータ通信のほか通話機能も備わっていますので

メインのスマホとして使いたいときにぴったりのプランです。

 

データ通信用スマホと通話用スマホを別々に持つなんて面倒くさい!」という方は

音声SIMを購入することで、携帯を1台に済ませることができますよね。

 

音声SIMにしたとしても、キャリア契約よりずいぶん安くなることは間違いありません

 

通話も捨てたくないし、月々の料金も出来るだけ抑えたい…」という

欲張り派のあなたにおすすめと言えるでしょう。

 

●音声SIM 月額相場 : 1,600円(3GB)

 

スポンサーリンク

データSIMでも通話をすることは出来る

音声SIMと違って通話機能がついていないデータSIMですが、

通話が完全に不可能なわけではありません

 

今やほとんどの人が使っているサービス「LINE」は、

アプリに登録さえすれば、電話番号がなくてもデータ通信を利用することで

同アプリ間限定とはなりますが、無料通話が楽しめます。

 

その他にも、データ通信を利用して通話ができるアプリは存在します。

例えば「050plus」というアプリは、登録にSMSが必要にはなりますが

050-xxxx-xxxx」という専用の電話番号をもらうことができます

 

しかし、これらの方法による電話は、データ通信の速度が直接影響するほか

たくさん電話をする人は、すぐにデータ容量がなくなってしまいます

 

データSIMに契約して、通話をアプリで代用する予定の方は

速度は十分な会社か?」「容量は大目にすべきか?」など

十分検討してから試してみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

データSIMと音声SIMの違いについて説明してきました。

 

プランの内容は少し違いますが、どちらもうまく利用すれば

月々のスマホ料金を大きく節約できること間違いなしです。

 

今回説明した内容も参考にしていただき、ぜひ自分に合ったプラン

見つけてみてくださいね!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマートフォン
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました