赤ロムとはどんなスマホ?似ている白ロムとは?実は大きな違いあり!

ガジェット
スポンサーリンク

皆さんは、「赤ロム」という言葉を聞いたことがありますか?

スマホを中古で購入するときに耳にすることがあるかもしれませんね。

 

実はこの「赤ロム」、しっかりと意味を理解していないと

大きな損をしたり面倒ごとに巻き込まれたりしてしまう可能性が潜んでいるのです。

 

今回は、「赤ロム」とはどんなスマホなのか?ということを解説していきます!

また、似ている言葉の「白ロム」とは何なのか?違いはあるのか?ということまで

詳しく記載していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

赤ロムは購入してはいけないスマホのこと

赤ロムはいわゆる中古スマホのことを意味するのですが、

中古スマホの中でも、どこかで盗まれた「窃盗品」であったり

分割で購入したローンがまだ残ったまま売られた「未完済品」だったりと

少なからず危険要素を持っている端末が「赤ロム」なのです。

 

こういった「窃盗品」や「未完済品」の端末は、

キャリアによっては電波マークが赤色になっているものがあります。

一説によると、これが「赤ロム」と呼ばれる理由となったとも言われていますね。

 

スポンサーリンク

白ロムは購入して間違いない中古スマホ

赤ロムとよく似ている言葉としてよく聞く「白ロム」。

一般的な中古スマホは、この白ロムのことを言っていますね。

 

MNOが販売していた端末から、売りに出すためにSIMカードを抜いたもの

白ロム」と呼ばれます。

 

MVNOとMNOについては、こちらの記事もご活用ください。

MVNOの意味・読み方って?MNOとは違いあり!比較もしてみた
最近、スマホについて検索しているとたまに目にする「MVNO」という言葉。 その意味・読み方について知っている人は、...

 

勘違いしやすいですが、SIMフリー」とは別物です。

SIMフリースマホは、どのキャリアのSIMを指しても通信可能なのですが、

白ロムスマホは、販売元のキャリアのSIMしか使うことができません

 

中古スマホ購入時に勘違いしやすいポイントですので、

ぜひ覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

赤ロムと白ロムの違いは「買ってダメなもの・イイもの」

赤ロムと白ロムとはどんなスマホかを説明してきましたが、

ズバリ赤ロム・白ロムの違いは「買ってダメか・イイか」につきます。

 

赤ロムはいわゆる違法端末であるため、購入時は問題なく使えていても

突然キャリアから利用停止にされてしまうことも大いにあります。

 

場合によっては、赤ロムを買ってしまったあなたが窃盗犯とされてしまったり

ローン未完済の犯人だとされてしまうこともありますので、大変危険です。

 

反面、白ロムは全く問題のない中古スマホですので、そういった心配することなく

安心して使うことができます。

 

中古スマホを購入するときには、間違っても赤ロムを買ってしまわないように

  • 明確に「白ロム」の記載があるもの
  • 「赤ロム購入保障」がついているもの

少なくとも上記2点を意識しておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

赤ロムとは何か?ということから白ロムとの違いについてまで説明してきました。

 

中古スマホの購入は、知識がないと騙されてしまいがちです。

今回説明した情報をぜひ頭に入れておいていただき、赤ロムを買わされないように

正しい知識で中古スマホ購入を楽しみましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガジェット
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました