【iPhone11】使えてる!?スクショの仕方・電源切り方・バッテリー表示方法解説!

ガジェット
スポンサーリンク

 

2020年1月現在、appleの最新機種である「iPhone11」。

ひとつ前のiPhoneX世代からホームボタンが無くなったこともあり

買ったはいいものの「これどうするんだ!?」と困っている方

意外といらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、そんなiPhone11の基本的な使い方の中から

スクリーンショット(スクショ)のとり方」「電源の切り方

バッテリーのパーセンテージ表示方法」について、それぞれ解説していきます!

 

どれか一つでもわからずに悩んでいる方、必見です!

 

スポンサーリンク

iPhone11のスクショは短くボタンを押すのがポイント

これまでのホームボタンがあるiPhoneでは、スクリーンショット(以下スクショ)を撮る際には

電源ボタン+ホームボタンの長押し」で出来ましたね。

 

それが出来なくなったiPhoneX/XR/XS/11でのスクショ撮影の方法は、

ズバリ「電源ボタン+音量ボタン【上】の短押し」になります。

 

ホームボタン⇒音量ボタンの上長押し⇒短押し といった変更点ですね。

 

ここで注意が必要なのが、押すボタンが合っていたとしても

長押しをしてしまうと別の操作になってしまい、スクショを撮ることができません。

 

ぜひ覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

iPhone11の電源の切り方は実は二通りある

ホームボタンがなくなったことにより、iPhoneX以降には

電源が切れなくて困った!」という声をよく聞きます。

 

そんなiPhoneX/XR/XS/11の電源の切り方は、実は2通りあるのです。

ひとつは「電源ボタン+音量ボタン【上】の長押し」。

 

これはスクショを撮るのと同じボタンですね。

ボタンは同じで長押しをすることによって、電源を切る画面が出てきます。

 

もうひとつは、実は「電源ボタン+音量ボタン【下】の長押し」でも

電源は切ることができるのです。

 

どちらでも自分に合った電源の切り方を試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

iPhone11はバッテリー表示方法が無くなったの?

バッテリーの状況を知るために便利な「バッテリーのパーセント表示」。

iPhoneX以前のiPhoneは、【設定】⇒【バッテリー】からすぐ表示できましたが

iPhoneX/XR/XS/11では無くなっています。

 

設定からは消えてしまいましたが、バッテリーのパーセント表示が見られなくなったわけではありません

 

iPhone11(iPhoneX以降)では、上から下へスライドすることで

コントロールセンター」が出てくるようになっています。

 

実はこの「コントロールセンター」で表示されるバッテリーは、

既にパーセントで表示されているのです。

 

設定をしなくてもよくなった代わりに、パーセント表示を見るには

コントロールセンターを出すひと手間が加わってしまった、ということですね。

 

今バッテリーどれくらいかな?」と思ったら

iPhone11の画面を上から下へ「シュッ」とスライドしましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

iPhone11の基本的な使い方として、「スクショのとり方」「電源の切り方

バッテリーのパーセント表示方法」について解説してきました。

 

ホームボタンが無くなり便利なこともあれば、これまでのiPhoneに慣れていた人にとっては

やはり使いづらい点もあるようです。

 

iPhoneX/XR/XS/11の操作は、残されたボタンである「電源ボタン」「音量ボタン

この二つをうまく活用していきましょう。

 

ホームボタンなしのiPhone操作に困ったときは、

ぜひ今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガジェット
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました