「未明」とは何時のこと?正しい意味は?あなたは勘違いしているかも

お役立ち
スポンサーリンク

 

テレビでもよく聞く言葉「未明」。

ニュースでも「今日未明、〇〇にて事件が…」といった使い方をしていますよね。

 

ですがこの「未明」、具体的にいつのことを指しているか分かりづらく

実際に勘違いしている人も多くいらっしゃるのです。

 

今回は「未明とは具体的に何時ころのことなの?」という疑問を解決していきます!

また、実は漢字からも読み取れる「未明」の正しい意味についても解説しますので

ぜひ最後までご覧ください!

 

スポンサーリンク

未明の「明」は明るくなること を意味する

「未明」という言葉を勘違いする大きな理由は、実は漢字にありました。

 

未明の「明」を「明らかになる」の意味だと誤解している人が非常に多いのです。

そうすると、「らかになっていない」という風に解釈出来てしまうわけですね。

 

未明の意味は、「時間がはっきりとわかっていないこと」ではありません

 

未明の「明」の正しい意味は、「明るくなる」ということ。

つまり「るくなっていない」という風に読むことができます。

 

このことからわかるように、「未明」ということばの正しい意味は

夜がまだ明けていない、外がまだ暗い時間帯のこと」なのですね。

 

漢字一つ一つの意味を正しく理解していると、それが組み合わさったとしても

間違えることなく解釈することができますね。

 

「未明」の使い方 ◎・×
【◎】急に小腹が空いて、未明の外に出かけた。
【×】今日の講義、先生が来なくて開始時間が未明だ。

 

スポンサーリンク

「未明」の正確な時間とは「深夜のあとの時間」を指す

未明の意味が「夜がまだ明けていない頃」だとわかりましたが

じゃあそれって具体的に何時ころなの?」という疑問が生まれることと思います。

 

テレビでよく聞く言葉だけに、新聞記事等では明確にされており

午前0時までが「深夜それ以降は「未明と決められているそうです。

 

要するに、「未明」は「深夜」のあとの時間帯ということですね。

 

しかし、同じテレビでも天気予報では「未明」の考え方がちょっと違く

午前0時~3時までが「未明」3時~6時までが「明け方」

6時以降は「朝」と表現するようになっているようです。

 

いずれにしても、「未明」とは午前0時からのことと理解して間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

「未明」の正しい意味、具体的に何時?ということについて解説してきました。

 

よく聞く言葉であるだけに、勘違いしていると恥ずかしいもの。

ニュースで「未明」という言葉が出てきて、家族に「未明って何時?」と聞かれても

夜12時より後のことだよ」とよどみなく答えられるとかっこいいですね!

 

ぜひ今回説明した内容・例文も参考にしてみてください!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました