「活を入れる・喝を入れる」とは?意味・使い方・類義語解説!あなたも誤解しているかも

お役立ち
スポンサーリンク

「カツを入れる」の「カツ」。

あなたは正しい漢字を答えられますか?

 

一般的に、「を入れる」と「を入れる」の2通りがありますが、

その2つの意味は全然違うにもかかわらず、誤解している方は多くいらっしゃるのです。

 

今回は、「活を入れる」・「喝を入れる」とはそれぞれどういう意味なの?といったことから

日常での使い方や類義語についても解説していきます。

 

本当の意味を理解して、正しく使い分けられるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

活を入れるとは「人を元気にさせる」という意味

「活を入れる」の方は、よく日常でも使うことでしょう。

やる気・気力を失っている人を励ましたり、元気づけたりする意味を持ちます。

 

」という漢字は、もともとは「気を失った人の意識を回復させる方法

すなわち「生きる」という意味を持っています。

 

生活」「活発」「活動」など、生きているからこその言葉に、その漢字がよく使われていますよね。

 

すなわち、「活を入れる」は、親しい間柄であったり、ライバルであったり

互いに協力して高めあっている相手に使うことが多い言葉でしょう。

 

活を入れる : 落ち込んでいる人に刺激を与えて元気にさせる

 

スポンサーリンク

喝を入れるとは「大声で指導する」意味

もう一方の「喝を入れる」。

こちらの意味はまた違うもので、「相手を大声で叱ったり、励ましたりする」ことを指します。

 

励ますという意味が含まれているといっても、大声で言っていることには変わりありませんので、

場合によっては「脅す、萎縮させる」という意味も含まれます。

 

「活を入れる」の意味が「人を元気づける」であったのに対し、

「喝を入れる」は「大声で叱る」ということで、真逆の意味を持っていますね。

 

上司が、教えてもなかなかできない後輩に向けて注意したり

厳しい部活の顧問が、学生に向かって怒鳴ったりしているのは

まさに「喝を入れる」という言葉がぴったりでしょう。

 

喝を入れる : 大声で叱ったり励ましたりする

 

 

スポンサーリンク

「活を入れる・喝を入れる」使い方と類義語解説

それぞれの「カツを入れる」の意味が分かったところで、

その使い方と類義語を解説していきます。

 

活を入れる」の使い方としては、先述したように

互いに高めあっている相手を想定すると、わかりやすいでしょう。

以下に例文を示しますので、参考にしてみてください。

 

「活を入れる」例文
A「あの人、試合に負けて落ち込んでいたのに元気になっているなぁ」
B「さっき、チームメイトが活を入れていたみたい。いいチームだね」

 

類義語としては、そのまま「元気づける」「やる気を出させる」であったり

檄を入れる」という言葉を用いるのも良いでしょう。

 

 

一方「喝を入れる」の使い方は、なかなか言うことを聞かない相手に

どうにか向上してほしいという強い気持ちをぶつけた感じでしょう。

 

大切なのは、相手を敬う気持ちを忘れないで使うことです。

ただ大声を出すのは、暴力やパワハラに繋がってしまいますね。

 

「喝を入れる」例文
A「今日、顧問の先生に喝を入れられちゃったよ」
B「試合が近いのに、部活に対する意識が低かったのかもね」

 

類義語には、「気合を入れる」「奮い立たせる」であったり

発破をかける」「叱咤激励する」という言葉が該当するでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

活を入れる」と「喝を入れる」とはそれぞれどういう意味か、といったことから

それぞれの使い方・類義語についてまで解説してきました。

 

間違えやすい言葉ですが、その二つの意味は全然違うものです。

もしどっちがどっちか分からなくなったときには、潔く類義語を活用するのも手。

 

今回説明したような例文も参考にしていただき、ぜひ適切に使い分けるようにしましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました