食器の油汚れの落とし方!しつこいときは重曹も便利!落ちない理由は洗剤だけじゃないかも

お役立ち
スポンサーリンク

毎日の食器洗いの天敵と言えば「油汚れ」。

 

炒め物にしても揚げ物にしても、美味しい料理には油がつきもの。

調理だけでも疲れるのに、落ちない油汚れとの闘いにうんざりしている方も多いのではないでしょうか?

 

実は、食器の油汚れを落とすのにはコツがあります。よくやりがちな、がむしゃらに洗剤を増やしたりするのはほとんど意味がないのです。

 

今回は、そんなしつこい食器の油汚れの簡単な落とし方を紹介していきます。

毎日の食器洗いに悩んでいる皆さん、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

【はじめに】食器の油汚れを落とすうえで忘れてはいけないこと

いくら簡単な落とし方を実践しても、油汚れを落とすための基本知識を理解していないとその効果は半減してしまいます。

 

油がなかなか落ちない理由は主に以下の3つ。

・温度が低くなると固まってしまう
・水に溶けずに分離する
・酸性を持っている

 

こういった特徴を理解しておくと、油汚れを落とすときにアイデアが浮かんでくるものです。

具体的には「温度の高めのお湯を使うべきだな」「洗剤をうまく使って水に溶けるようにしないと」「アルカリ性のものはないかな」といった感じですね。

 

また、当然のように食べ残りのあるお皿をそのまま洗おうとしても、スポンジがダメになってしまうだけで全く汚れは落ちません。

 

食器洗い前に汚れがひどいなと思ったときには、キッチンペーパーなどで事前にふき取ってから洗うことも忘れずに。

 

油汚れが落ちない!」と嘆いている方は、ぜひ上記の特徴を頭の片隅に入れておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

食器の油汚れの落とし方は「洗剤を重ねること」がポイント

油で汚れたフライパンを洗うとなると、無意識にスポンジに大量の洗剤を含ませる方、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、「油汚れに洗剤を増やす」は全くの逆効果

油汚れの落ちはほとんど変わらないことはおろか、洗剤も無駄に消費しますし、すすぐための水道代も増えてしまい、良いことなし。

 

しつこい油汚れを落とすコツは、ずばり「洗剤を重ねる」こと

普通は洗剤を含ませたスポンジを使って食器をこすっていくわけですが、この方法は「食器側にも洗剤をつけておく」ことによってさらに油を剥がしやすくするのです。

 

食器側につけた洗剤で油汚れを浮き上がらせ、それをスポンジ側の洗剤で剥がしとるというもの。

これがなかなかに効果抜群です。

 

結局洗剤の量が増えるんじゃないの?

そんな疑問が聞こえそうですが、スポンジに含ませておく洗剤の量は増やさなくても大丈夫。むしろ少し減らしてもOKです。

 

食べ終わったら食器を水・お湯でつけ置きするかと思いますが、そこに洗剤を入れて軽く混ぜておけば準備万端。

あとは普段通りにスポンジで洗えば、簡単に油汚れを落とすことができますよ。

 

 つけ置きしない方は、食器に直接洗剤を塗布して広げてあげても効果あり。塗り広げた洗剤の上からスポンジ(洗剤含む)で洗ってあげれば、しつこい油汚れも簡単に剥がれ落ちていきます。

 

この方法の良いところは、性能のよい価格のちょっと張る食器用洗剤を使わなくても良い点。

数本で100円とかの激安洗剤でも、重ねて使うことで問題なく油汚れを落とすことができますよ。

 

スポンサーリンク

しつこい油汚れには「重曹」をうまく活用しよう

 

ちゃんとお湯で洗ってるし、洗剤も重ねているのにまだ油でヌルヌルしてる気がする…

 

特にタッパーなどのプラスチック食器などでは、上記のような問題に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

プラスチック製品は、より油汚れが落ちづらいことで有名ですよね。

 

そんなときに便利なのが、ご家庭にある「重曹」です。

重曹はアルカリ性を持っているので、酸性の油と中和して汚れが落ちやすくなる効果があるのです。

 

粉末タイプの重曹を、水に溶かして「重曹水」を作っておくと大変便利。

普段食器のつけ置きに使う水をこの「重曹水」に変えるだけで、油汚れが自然と浮いてくるほか、臭いまで抑えてくれる効果がありますよ。

 

重曹は薄めでも効果抜群ですので、ほんのちょっとずつ粉末を溶かし、濃度を調節して使いましょう。

100均で「スプレータイプのボトル」と「重曹」がどちらも手に入りますよ。

 

この「においを抑えてくれる効果」のおかげで、重曹水につけ置きしておけば、「どうしても疲れて夜に食器を洗いたくない…」というときに大変便利ですよ。

油汚れも落ちやすくなっているので、朝にサッと洗うだけで面倒な食器洗いが完了します。

 

スポンサーリンク

まとめ

食器の油汚れの落とし方を、落ちない理由とともに解説してきました。

 

面倒な油汚れも、洗剤を重ねて使ったり重曹水につけ置いたりとちょっと工夫するだけで、ストレスなく食器洗いを済ませることができます。

 

また、最近は油汚れに徹底的にフォーカスした食器用洗剤も販売されています

特にライオンから発売されている「Magica」は、ナノ洗浄という独自の効果で、ちょっとの洗剤でスッと油汚れが落ちますので大変おすすめです。

 

この記事が、毎日の食器洗いを油汚れに邪魔されたくない、そんな方々の助けになれば幸いです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました