美味しいじゃがいもは形で判断できる!スーパーで失敗しない選び方とは

生活
スポンサーリンク

 

肉じゃが、カレー、ポテトサラダと、毎日のお料理に大活躍のじゃがいも。

皆さんはスーパーでじゃがいもを買うとき、どんなことに気を付けていますか?

特に気にせず「安いから!」「数が多いのがいいでしょ」と思っている方は

近くにもっと美味しいじゃがいもがあるのに、損してしまっているかもしれません…

 

今回は、スーパーなどでおいしいじゃがいもを間違いなく選ぶ方法をお教えします!

ほくほくのじゃがいもを買って、毎日の食卓を彩りましょう。

スポンサーリンク

 

 おいしいジャガイモを選ぶコツはズバリ『形』

スーパーの店頭に並んでいるじゃがいもには、同じ品種のものでも

形に違いが存在していることをご存じでしょうか。

 

大きく分けると、「丸型」と「たまご型」の2種類になりますが

ズバリ選ぶべき美味しいじゃがいもは「たまご型」の方です!

※最初から細長い形をしている品種「メークイン」は別物ですよ。

 

形の他にも見ておくべき点として、下に挙げたようなものがあります。

より鮮度の良い美味しいじゃがいもを選ぶためにも、参考にしてみてください

じゃがいもの選び方 ~形以外のポイント~
が出ていないか
緑色に変色していないか
・表面にしわがないか
・手に持った時にしっかりと重さがあるか

 

スポンサーリンク

なぜ同じじゃがいもで形に違いが出るのか

「丸型のじゃがいも」より「たまご型のじゃがいも」の方が美味しいことがわかりました。

では、なんでたまご型の方が美味しいのでしょうか?

そもそも何で同じ品種のじゃがいもでも、形に違いが生じるのでしょうか。

 

 

その理由は、育つ環境にあります。

 

ご存じの通り、じゃがいもは土の中で実がなり、土の中で成長していきますね。

 

その過程で、土が硬かったり 土の中に石が多数存在していたらどうなるでしょうか。

 

じゃがいもは下に向かって成長したいのにも関わらず、さまざまな障害に阻まれることによって

横方向に成長していくしかなくなるわけですね。

その結果、丸型のじゃがいもが育ってしまうのです。

 

たまご型のじゃがいもは、そういった育つ環境のストレスがなく

しっかりと下方向にスクスク成長して出来たものだから、より美味しいというわけです。

 

スポンサーリンク

まとめ ~新鮮なじゃがいもで美味しく料理しよう~

いかがでしたでしょうか。

美味しいじゃがいもを選ぶポイントは形だということと、形に違いが生じる理由を解説してきました。

形一つで、ほくほく感だったり、味のしみやすさだったり 意外に大きく変わってくるものです。

 

ぜひ今回紹介したポイントを参考に、スーパーなどで買い物をする際

より美味しい・新鮮なじゃがいもを選んでみてくださいね!

何も考えず丸型のじゃがいもを手に取る人たちには「もったいない!」という目を向けてあげましょう。笑

 

あなたの毎日のじゃがいも料理が、より美味しくなることを望んでおります!

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました