【SIM2Fly】お手軽SIM!使い方・設定は?使える国60か国も紹介!

ガジェット
スポンサーリンク

 

SIM2Fly」というSIMカードをご存じでしょうか。

 

プリペイドSIM、いわゆる「使い捨てSIM」なのですが、

その手軽さと、海外でも使えるという便利さから

今、需要が高まってきています。

 

今回は、そんなプリペイドSIM「SIM2Fly」の使い方や設定方法を始め、

海外で使えるって言っても使える国は実際どこなの?」といった

気になる内容についても解説していきます!

 

SIM2Flyの購入しようと思っている方

海外旅行用のSIMを探している方

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

「 SIM2Fly」とは

引用:Advanced Information Service Public Company(アドバンスト・インフォ・サービス公開株式会社)

 

SIM2Flyは、先に説明したようにプリペイドSIMで

最初から決められた容量・時間だけ使うことができるという変わったSIMです。

 

基本的な情報は以下の通り。

SIMサイズ 通常・micro・nano 全対応
データ容量 4GB(以降は128kbpsで通信可能)
音声通話機能 なし データ通信専用
使用期間 15日間

 

上記のように、初めてプリペイドSIMを使うという方にもわかりやすいものです。

価格も一回あたり3,000円~4,000円と比較的良心的。

 

海外でスマホを使う際、国内でいつも使っているSIMだと

使えなかったり、お金が余計にかかったりしてしまいます。

 

海外旅行のためにプリペイドSIMを買いたい!」と考えている方には

おすすめの商品であると言えます。

 

スポンサーリンク

SIM2Flyの使い方・設定は「差すだけ」

プリペイドSIMというものがよく知られていないこともあり

「買ったとしても、設定とか大変そう…」

「うまく使えるか心配…」

という方、多くいらっしゃるかと思います。

 

「SIM2Fly」を利用するための方法はとにかく簡単!

今使っているSIMから差し替えるだけ」。

 

普通のSIMカードでは、面倒な手続きや設定が必要ですが、「SIM2Fly」は一切なし。

SIMカードを差したその瞬間から通信し始めることができるので、非常に便利ですよ!

 

※SIMカードを差したのに繋がらない!(Android)

普通のSIMと同様、「APN設定」というものを試してみてください。

 

[設定]⇒[無線とネットワーク]⇒[モバイルネットワーク]

⇒[アクセスポイント名]⇒[新しいAPN]

 

アクセスポイントの編集画面で、以下の情報を入力すると通信できます。

ーーーーーーーーーーーーーー

名前    :  AIS
APN    : internet
ユーザ名  : なし
パスワード : なし
認証    : CHAP

ーーーーーーーーーーーーーー

 

タイの会社から販売されているため、通信するとSMSに

タイ語でメッセージが到着することがあります。

 

一見怪しいですが、特に気にしなくてOKです。笑

 

スポンサーリンク

SIM2Flyを使える国は全60か国以上

SIM2Fly」の良いところは、通信が始めやすいだけでなく

全国60か国以上で通信を利用することができるという点にもあります。

もちろん日本でも使うことができます。

 

一度の海外旅行で複数の国へ観光を予定されている方等には

ほかにない利便性を備えていると言えるでしょう。

 

「SIM2Fly」で通信できる国を、以下に一挙紹介していきますので

あなたの旅行先があるかどうか、参考にしてみてくださいね。

 

 SIM2Flyの使える国【アジア編】

・韓国
・日本
・台湾
・香港
・インド
・インドネシア
・カンボジア
・シンガポール
・スリランカ
・ネパール
・フィリピン
・マカオ
・マレーシア
・ミャンマー
・ラオス

計15の国で使用することができます。

 

 SIM2Flyの使える国【ヨーロッパ編】

・ロシア
・アイルランド
・アイスランド
・イギリス
・イタリア
・エストニア
・オーランド諸島
・オーストリア
・オランダ
・ギリシャ
・クロアチア
・スイス
・スウェーデン
・スペイン
・スロベニア
・セルビア
・チェコ
・デンマーク
・ドイツ
・ノルウェー
・ハンガリー
・フィンランド
・フランス
・ブルガリア
・ベルギー
・ポルトガル
・マケドニア共和国
・リヒテンシュタイン

計28の国で使用することができます。

 

 SIM2Flyの使える国【オセアニア編】

・ニュージーランド
・オーストラリア

 

計2の国で使用することができます。

 

 SIM2Flyの使える国【欧米編】

・アメリカ(サイパン、グアムは非対応)
・アルゼンチン
・カナダ
・コロンビア
・メキシコ
・プエルトリコ
・バージン諸島

計7の国で使用することができます。

 

 SIM2Flyの使える国【中東編】

・トルコ
・イスラエル
・オマーン
・カタール
・クウェート
・パキスタン

計6の国で使用することができます。

 

 SIM2Flyの使える国【アフリカ編】

・エジプト
・南アフリカ共和国(アラブ共和国連邦は非対応)

 

計2の国で使用することができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

SIM2Flyとは何なの?といった説明から、使い方・設定方法について

さらには使える国60か所について説明してきました。

 

購入して手持ちのSIMフリースマホに差すだけで通信が利用できてしまうという

面倒な設定が苦手な方に非常におすすめな「SIM2Fly」。

Amazonで簡単に購入できるのも嬉しい点ですよね。

 

 

海外旅行に行くためのSIM選びで困ったときには、通信可能国をよく確認の上

SIM2Flyの購入を検討してみてはいかがでしょうか!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ガジェット
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました