【総額1980円】ベビーサークルは手作りがおすすめ!100均セリアが超優秀

子育て
スポンサーリンク

 

 

子どもがおもちゃを散らかすから、ベビーサークルが欲しい!!

でも使う期間なんて数年もないだろうし、高いお金を出すのはもったいない…

 

そこまで長い期間使うわけではないにもかかわらず、なかなか高価なベビーサークル

コスパ良く済ませたいあなたにおすすめしたいのが「100均アイテムによる手作りベビーサークル」!

初期費用がとても安いだけでなく、ベビーサークルとして使わなくなってからも組み替えて活用できる、超便利アイテムがあるんです!

 

とも。

私は100均アイテムを活用して、

総額1980円でベビーサークルを手作りしました!

この記事を読むと
  • ベビーサークルを手作りするのにおすすめの100均アイテム
  • ベビーサークルは100均アイテムで手作りするのが正解な理由
  • ベビーサークルを100均アイテムで手作りする手順(写真付き)
これら3つが理解できます。

 

スポンサーリンク

ベビーサークル手作りおすすめアイテム【100均セリアのクラフトラック】

100均アイテムなんかで本当にベビーサークルが作れるの?

とも。

結論:作れちゃうんです。

私も最初、100円のアイテムでベビーサークルを手作りするのに躊躇がありました。

  • すぐ壊れるんじゃないかな…
  • 狭すぎて子どもが楽しめないんじゃないかな…
  • サークルの役目を果たさず、結局おもちゃが散乱するんじゃないかな…

しかし実際に作ったところ、どれも問題なし!個人的に満足度激高です。

 

そんな素晴らしいアイテムが、セリアのクラフトラックシリーズ

 

使い方は簡単。紙で出来たパイプを、L字とT字のジョイント継手で連結していくだけ。

このパイプが想像以上に丈夫なので、ベビーサークルにしたときも全くへたることなく良い仕事をしてくれるんです。

 

巷では「猫用のキャットタワー」や「ベビーフェンス」等、アイデア次第でいろいろなものが作れると話題の商品

 

100均アイテムでベビーサークルを作ろうとするなら、

「セリアのクラフトラック」を買えば間違いなしです。

 

スポンサーリンク

ベビーサークルは手作り(100均)が正解な理由

私は、今回紹介している「セリア クラフトラック」でベビーサークルを作って正解だったと感じています。

その理由は、主に以下の3つがあります。

1.価格が圧倒的に安い

先述した通り、市販のベビーサークルは結構いい値段します

メーカー・サイズによりピンキリですが、大体1万円くらいはすると思って間違いないでしょう。

それに対して、今回の「セリア クラフトラック」で作るベビーサークルは、最低2000円という格安価格で作ることが出来ます

 

使用期間も短く、子どもが大きくなったら使い道がなくなってしまうものに1万円以上も出すのは、少々気が引けます。

その点「セリア クラフトラック」は、手作りする手間を考えても、お財布に優しいことは間違いないです。

2.拡張が自由自在

「セリア クラフトラック」で作るベビーサークルは、パーツを買い足すことで拡張が自由自在である点もポイント。

 

子どもが大きくなったり、もう少し遊ぶスペースを広くしてあげたいと思ったときに、簡単に広くしてあげられます。

もちろん拡張パーツも100円。市販のベビーサークルでは出来ない芸当です。

 

3.子供が使わなくなったら再利用できる

子ども用品で高額なものを買うときに、つい考えてしまうのが「そう遠くない未来に使わなくなってしまうんだよな…」というケチ精神。

 

何を隠そう、私はケチケチ星人なんです。

 

ベビーサークルもこれに該当しますが、「セリア クラフトラック」で作れば

子どもが使わなくなっても普通にラックとして再利用できるのです!

 

これは本当に本当にうれしいポイント。

押し入れの収納に使うもよし。ディスプレイ本棚に使うもよし。

活用方法は無限大です。

 

将来まで非常に優秀。節約派のあなたに心からおすすめします。

スポンサーリンク

ベビーサークルを手作りする手順【100均(セリア)は優秀】

「セリア クラフトラック」の素晴らしさを伝え終わったところで、いよいよベビーサークルを作っていきます。

作成している最中の写真を載せながら説明していきますので、一緒にやっていきましょう!

 

1.部材の購入

【完成サイズ】
縦約80cm × 横約80cm × 高さ約40cm
費用:計18点購入 1,980円

 

今回買った部材は以下の表のとおりです。写真も参考に買い集めてみてくださいね。

商品名 個数 金額
紙管 長さ39cm 2本入り 6個 660円
連結用部品 L型 2個入り 2個 440円
連結用部品 T型 2個入り 2個 440円
ワイヤーラティス ワイド 40.5×51.5[cm] 4個 440円
ワイヤーラティス 26×40.5[cm] 4個 440円
  計18個 1,980円

※組み立てに結束バンドを使います!家にない場合は購入しておきましょう。

 

ワイヤーラティスのサイズをすべて同じサイズにしなかった理由は、

子どもが使わなくなった場合、いろいろなサイズのワイヤーネットがあった方が便利だと思ったからです。笑

 

普通に同じサイズのワイヤーネットで揃えたいよ!」という方は、ダイソーで「40cm×40cm」の目撃情報がありましたので、そちらを利用してみてください。

2.外枠の組み立て

連結用部品 L型」と「紙管」を使って、上の写真のようにL字のパーツを4つ作ります。

 

L字パーツが4つ出来たら、「連結用部品 T型」を使って正方形に組んでいきます

 

正方形の四つ角に「紙管」を差し込みましょう。これで外枠の完成です。

 

四つ角の紙管は、強めにグッと差し込みましょう。

この差し込みが甘いと、子どもが寄りかかった際に外れて転倒し、ケガに繋がります

 

3.フェンスの取り付け

2種類の「ワイヤーラティス」を、40.5cmの辺で合わせて結束バンドで固定します。

これがベビーサークルのフェンス部分になります。

 

同じものを4つ作り、外枠に結束バンドで固定しましょう。

ワイヤーラティスが若干大きいので、紙管に少し回り込む感じに固定し、紙管の足が宙に浮かないように注意します。

 

4.完成

最後に結束バンドの処理をしたら完成!

80cm×80cmだとやはり小さい気もしますね。成長に合わせて拡張してあげてもいいですね!

 

結束バンドの余った部分を切る際は「爪切り」を使うのがおすすめ。 切り口が残らないので、子どものケガを防止できます。

 

今まで部屋中が散らかるのが怖くて、子どもにブロックを買えてなかったのですが、これを機会に購入しました。

楽しそうに遊んでいる姿を見て、やはり子どもが自由に遊べる空間を作ってあげるのは大切だと思いました…

 

とても嬉しそうにブロックをぶん投げていました(白目

スポンサーリンク

まとめ

ベビーサークルを、100均セリアのクラフトラックで手作りするメリットとその方法について、説明してきました。

  • 高額なベビーサークルを安価に作ることが出来る
  • 拡張が自由自在
  • 使わなくなったら再利用できる

市販のものを買わず100均を利用することで、嬉しいことづくめになりますね。

 

高額な買い物と遭遇したときは、思考停止で購入するのではなく

「それ、100均で買えるんじゃない?」を合言葉に、頭をひねっていきたいですね!

 

子育てには本当に多額のお金がかかりますので、出費を抑えられるところは賢く抑えたいところ。

今回の手作りベビーサークルのようなアイデアを駆使しながら、皆さんで頑張っていきましょう!

 

【今日の教訓】
いつも心に「それ、100均で買えるんじゃない?」
スポンサーリンク









スポンサーリンク




子育て
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました