【今日からできる】スマホの電話代を節約したい!誰でも簡単に安くする方法紹介

生活
スポンサーリンク

 

スマホの通話代が高くて困っている!

月々のスマホ代は、格安SIMが普及してきてだいぶ安く抑えられるようになってきましたが、その代償として昨今は通話代が高くなっています

 

かけ放題オプションもあるけど、そこまで頻繁に電話をかけるわけじゃないし…

月数回の電話のために、毎月1000円以上払い続けるのはもったいない。

 

そんな方々に、「誰でも今日からできる、スマホの電話代を節約する方法」について紹介していこうと思います!

私は実際にこの方法を使って、一か月あたりの電話代を2000円以上安くできました!

ぜひこの記事を参考にして、あなたの電話代も安くしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

スマホの電話代を節約するには「LINE Out Free」を使おう

皆さんが日常的に使っているLINE。

その中に「LINE Out Free」という機能があることをご存じですか?

LINEを登録している人なら誰でも使うことが出来て、なおかつ電話代を節約することもできる魔法のような機能になっています。

 

そのからくりは、電話をかける前に広告を見ると、その広告費で固定電話等にも無料通話ができるようになるというもの。

後述するいくつかの注意点がありますが、それを抜きにしても非常にお得です。

 

※広告を見るためにデータは使われますので注意!

 

LINE Out Free のセッティング方法

LINEの「ホーム」タブにある、「サービス」⇒「すべてを見る」を選択

 

するとサービス一覧が表示されるので、右上の「編集」をタップ

 

下にスクロールして「便利ツール」カテゴリを探す

その中に「LINE Out Free」があるので、右側の「」ボタンをタップする

 

サービス一覧上部の「固定したサービス」にLINE Out Freeが追加されていればセッティング完了!

 

ちなみに「固定したサービス」に追加されると、LINEのホームタブの「サービス」のところにもLINE Out Freeが追加されます。ここから通話画面に進めます。

 

体験談:いちいちLINE開かなきゃ電話できないのは面倒なんだけど!

きっと思う疑問。

LINE開かないと電話かけれないなんて面倒くさい!アプリみたいにスマホのホーム画面に追加することはできないの!?

LINE Out Freeの設定画面から、ホーム画面にショートカットを作成できます

 

 

「サービス」一覧に追加されたLINE Out Freeをタップすると、上記のような画面になります。

右上の点々のアイコンをタップしてやって、発信画面に飛びましょう。

 

 

発信画面右下の歯車マークから「設定」に入って…

 

下のほうの「LINE Outのショートカットを作成」から、ホーム画面にショートカットを作成できます。

いつもの電話アプリの隣に置いたりして、起動しやすいようにしておきましょう!

 

スポンサーリンク

スマホの電話代を安くする「LINE Out Free」の注意点

ここまでLINE Out Freeのセッティング方法と便利さを紹介してきましたが、どんなものにも必ずデメリット・注意点があります。

下記に注意点を記載していきますので、自分の電話の使い方と照らし合わせて、ケースバイケースで普通の電話アプリと使い分ける等、工夫をするといいかもしれませんね。

 

LINE Out Freeの注意点①.無料通話は最大3分まで

さすがに広告を見ただけで、永遠に無料通話できるほど虫のいい話はありません。

 

LINE Out Freeで無料通話できる時間は、固定電話で3分・携帯電話で2分となっていますので気を付けてください。

その時間を過ぎた場合は、問答無用で通話が切れます

幸い、強制終了する1分前にお知らせ音が鳴りますので、それを目安にうまく電話を切り上げるようにしましょう。

 

LINE Out Freeの注意点②.フリーダイヤルや緊急電話には発信できない

固定電話や携帯電話へ無料通話ができるようになるといっても、すべての番号にかけることはできません。

0120から始まるフリーダイヤルや、119といった緊急電話には発信することができないため、注意が必要です。

そのほかにも発信できない番号がありますので、心配な方はLINE Out公式ヘルプを参照してみてください。

LINE Out公式ヘルプ

 

LINE Out Freeの注意点③.一日の利用制限がある・通話品質があまり良くない

LINE Out Freeは、無料で通話をかけられる回数が1日5回まで」と決められています。

その回数を超すと、広告を見ることによる無料通話は出来なくなってしまうため気をつけましょう。

 

また通話品質ですが、そこまでいいものとは言えません

実際に使ってみると、少々雑音が入ったようなサウンド0.5秒~1秒くらいの遅延が感じられるときもありました。

聞き取れないほどの音質ではありませんので、そこは心配しなくても大丈夫そうです。

 

スポンサーリンク

まとめ -注意点は多いが電話代を節約できるメリットは大きい-

スマホの電話代を節約する方法として、LINEの標準ツール「LINE Out Free」を紹介してきました。

 

私は仕事用の携帯は会社で支給されているため、電話代は個人携帯だけ支払っています。

電話をかけるというと、病院・市役所・車検・賃貸関係・その他手続きetc… くらいですが、それでも電話代が月3,000円くらいかかることもありました。

これらの電話への発信をLINE Out Freeに変えたことで、現在電話代は300円程度まで抑えることが出来ています

 

紹介したように注意する点が多いLINE Out Freeではありますが、それを加味しても電話代が安くなるメリットは非常に大きい。そう感じています。

 

  • 3分(2分)以内で終わらせられる電話かどうか?
  • 広告を見るデータ容量は残っているか?

 

LINE Out Freeで電話をかける前には、上記2点だけ意識してみてください。

電話の内容がこの2点をクリアするのであれば、案外快適に使うことが出来ますよ!

 

スマホの電話代が高くて困っている方は、ぜひLINE Out Free、使ってみてくださいね。

スポンサーリンク









スポンサーリンク




生活
ともをフォローする
ともの気まま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました