「いぎたない」ってどういう意味?正しい使い方をした例文も紹介!

お役立ち

間違えやすい日本語「いぎたない」。

あなたは正しい意味で使えていますでしょうか?

 

今回は、「いぎたない」という日本語の意味を解説していきます。

日常で使える例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

「いぎたない」は漢字で書くと意味が分かる

スポンサーリンク

いぎたないという言葉、漢字では「寝穢い(寝汚い)」という風に書きます。

 

読みづらい漢字ですが、漢字で書くと意味がよくわかると思います。

寝る」のが「汚い」⇒ 寝相が悪い・ずっと寝ている という意味を持っています。

 

よく間違われるのは、お金や食べ物に貪欲 という意味。

これは音が非常に似ている「いじきたない」という言葉から来る勘違いですね。

漢字で「意地汚い」と書くことからも、お金や食べ物に維持を張っている様子がわかりますね。

 

正しい意味の「いぎたない」を使った例文

いぎたない」を「いじきたない」と勘違いしてしまった使い方は次のようなものです。

 

「いぎたない」の誤った例文
食べ放題の時間はもう終わっているのにまだ食べ続けるなんて、
あいつは「いぎたない」なぁ。

 

「食い意地を張っている」という意味と勘違いした典型的な例ですね。

会話の中でこのようなことを言ってしまうと、相手の頭には「?」が浮かぶことでしょう…

 

「いぎたない」を正しく使った例文を、以下にいくつか紹介します。

 

「いぎたない」の正しい例文
・あの人、学校のある平日でも「いぎたなく」眠っているんだ。
・うちの子どもは朝、布団をかぶっていないほど「いぎたない」のよ。
・学校から帰ってそのまま床で寝ちゃうなんて「いぎたない」なぁ。

 

間違えないように、ぜひ正しい使い方を覚えておきましょう!

 

まとめ

いぎたない」という言葉の意味を解説してきました。

 

間違えやすい日本語ですが、誤った使い方をすると恥ずかしい言葉の一つです。

今回紹介した例文もぜひ参考にしていただき、「いぎたない」を

正しく使えるようになっていただきたいと思います。

日本語の知識が増えると会話も楽しくなりますし、相手から信頼されるようにもなります

 

間違えやすい日本語は、もちろん他にもいろいろあります。

あなたが普段使っている日本語は間違っていないか、たまに確認してみてはいかがでしょうか。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました